2017年4月21日午後の部 起動しないPCの復旧(前回の続き) 

前回、ブルースクリーンが表示され、起動できなくなってしまったパソコンを紹介しました。

ブルースクリーン

何を隠そう、実は私(OK)のパソコン。3月のだんご組カフェ、皮肉にも Windows「ファイル履歴」/「バックアップ」/「回復環境」 についてというテーマの日、今まで何の問題もなかったパソコンが開いたとたんにこの画面になってしまいました。

普段から起動ディスクシステム修復ディスクなどを作成していれば、問題なく元に戻すことができたはずです。何の根拠もないけれど、自分のパソコンは壊れないという自信や思い込みがあり、今まで何の準備もしていませんでした。

ほぼあきらめ状態でだんご組カフェの仲間に相談したところ、同じOSの別のパソコンで作った起動ディスクを使っても修復はできるはずとのこと。ダメもとで試してみることにしました。

以下操作した手順です。

使用した起動ディスクはSurfaceのWin10で作ったものです。
自分のデスクトップパソコンで作った起動ディスクではWin10をインストールする画面になってしまい、うまくいきませんでした。

●私の作成した起動ディスク:レガシー(旧BIOS)ブートで起動する復旧ディスクでHDDのパーテーションの方式がMBR(マスターブートレコード)という従来の方式
●Oさんが作成した起動ディスク:UEFIブートで起動する復旧ディスクでHDDのパーテーションの方式がGPT(GUIDパーテーションテーブル)という新しい方式
レガシー(旧BIOS)ブートで起動する復旧ディスクの場合は、UEFIブートのWindowsを復旧はできないということらしいです。(私のノートパソコンはGPT方式でした。)

この他にも同じWin10でもProかHome32ビットか64ビットかでも起動できないことがあるようです。なので、使用しているパソコンで起動ディスクを作成しておくことが一番です。

手順1.オートスタートアップ修復 (効果なし)
USBから回復環境が起動できました。ここから先に進み、赤矢印のスタートアップ修復を試みましたが、修復できないとの結果がでました。

オートスタートアップ修復
http://faq3.dospara.co.jp/faq/show/4494?site_domain=default

普通だったら、これであきらめ、リカバリーということになります。

手順2.GPT形式の場合の復旧 (これで復旧に成功)
次にためしたのは、コマンドプロンプトからの修復です。

スタートアップ修復2

超マニアックな方法ですが、コマンドオタクのMさんが操作してくれました。以下のコマンドを入力しました。

「bootrec /Rebuildbcd 」
「bootrec /fixboot」


HDDが長い時間動いていましたが、これでついにWin10が立ち上がることができました。
実際自分はよく理解できていないのですが、Oさんが探してくれた復旧の情報源となった下記のサイトのリンクを参考にしました。カフェの中で、みんなでああだこうだと言い合いながらの作業は実に興奮する楽しいものでした。
http://freesoft.tvbok.com/tips/pc/windows-cmd.html

さて、これで喜んでいてはいけません。またいつなんどきパソコンがおかしくなるかもわかりません。このようなことがあった端末ですから、何か不具合がある可能性もあります。

Oさんのアドバイスで以下の作業をする予定です。
-----------------------------------------------
1CrystalDiskInfo(ソフト)でHDDやSSDの健康状態をチェックする

2.chkdsk /f (インデックスの修正に特化したもの)
 chkdsk /r (一般的なエラーチェックよりも完全にできるとのこと  相当時間がかかる?)
のコマンドでチェックディスクをする
(どちらもファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラム)

3.この端末の起動ディスクを作成
(16GB以上のUSBメモリー/フォーマットはFAT32)

4.システム修復ディスクを作成(CD-R一枚)

5.バックアップをとる(Windows「ファイル履歴」/「バックアップ」 の両方が確実)
(3.4.5については4/7のだんご組カフェを参照)
-----------------------------------------------

追記
私の端末はSSDとHDDが入っているいわゆるハイブリッドという種類です。
①SSDとHDDが別々に入っているものと、➁一つのHDDのなかにSSDが組み込まれているものがあるらしいです。

SSDとHDD

型番を調べたところ、私のは①でした。この場合、起動ディスクで立ち上げる前に一仕事をしなければなりませんでした。
「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」の対象機種だということでSSDにたまっているキャッシュの解除とリセットが必要とのこと。(以下の資料のP.20)
https://121ware.com/e-manual/m/nx/lg/201205/pdf/lg/v1/mst/853_811064_195_a.pdf

いくつものハードルを越えてやっと起動できたノートパソコン、詳細にわたってしまいましたが、自分の備忘録として記しておきます。また、これに基づき、万一同じようなトラブルにみまわれた方への参考となれば嬉しいです。
お助けくださっただんご組カフェの皆さま、本当にありがとうございました。💛💛💛💛

思い出しながら記録しましたが、間違いがあるかもしれません。読まれた方で修正箇所がありましたら、どうぞお知らせください。今後の皆さまのためにもよろしくお願いします。

プロフィール

だんご組カフェ

Author:だんご組カフェ
北摂のパソコン好きな人が集まりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR